FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京凰籃学院

娘が通っていた大学受験塾である。

東京凰籃学院の桜蔭生(他の高校の生徒も)が全員東大に受かったと聞いた同級生の親御さんから、妻が、どうして塾のことを教えてくれなかったのかと責められたようだ。

しかしおいそれと他人に話せない理由がある。

ここここ の写真を見てほしい。東京凰籃学院では全員合格がデフォなのだ。
余程の優等生ばかりを集めても、まずこうはならない。
なぜ全員受かるのかと言えば、塾長が桁外れに優秀であり、劣等生でも東大に押し込むノウハウがあるから。
ここ とか ここ にも塾の様子が描かれている。

東京凰籃学院はこういう塾なのである。
塾側は決して公言しないが、東京凰籃学院に入塾するということは、事実上、東大合格が約束されたようなものなのだ。
そこに通っていると知られたら、このネット社会、何をされるかわからない。

あの石井大地さん(彼は東京凰籃学院の先輩でもある)が東大理3に合格したときにはネットで散々叩かれた。
テレビで活躍する有名人だったこともあるだろう。
桜蔭出身の東大生が顔出しで紹介されれば、これまたネットはやっかみと中傷の嵐である。

エリート塾自体、ネットでは叩かれる。
SEGも鉄緑会も、もちろん東京凰籃学院も例外ではない。
こういった塾は、嫉妬深い連中のターゲットになりやすい。

せめて大学に入るまでは、心ない中傷から自由でいさせたいと思うのは人情だろう。
東京凰籃学院もそのことをよくわかっており、誰が通っているかを外部に漏らすことはしないと案内の中で宣言している。
ただ、大学合格者の氏名や受講生の成績データは教室内に掲示されるが。

実際、東京凰籃学院生の親御さんはそうそうたるエリートばかりであり、セキュリティが求められる。
ゆえに教室所在地も公表していない。(案内書に書かれた住所で授業も行われているとは限らない)
卒業後は市販の合格体験記に名前が載らないよう注意される。

ここまで配慮してくれるから、東京凰籃学院を選んだのだ。
おいそれと他人に話す筈がないのである。

東京凰籃学院を知る人は桜蔭学園でもあまりいない。塾が宣伝をしないからだ。
ただ、上の如く妻が責められたこともあり、このような塾が存在することを知らないのは桜蔭生にとって少々不幸なことかもしれない。

娘が無事に大学に進んだ今だからと言えば些か無責任の感もあるが、そこであえて記した次第である。

目にしてくれた人の参考になれば幸いである。
 
 

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

柿のなる木

Author:柿のなる木
エデュアへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。